紫外線が人体に与える影響とは?サングラスで紫外線を防ごう!

紫外線を浴びるリスクとは

紫外線は、体内でビタミンDを作るために必要な要素ではありますが、浴びすぎると皮膚がんのリスクを高めるとともに、シミやシワといった肌の老化を引き起こします。また、紫外線によって影響を受ける部位は皮膚だけではありません。

そもそも紫外線は、波長によってUV-A・UV-B・UV-Cの3種類に分けられます。これら3種類のうちUV-AとUV-Bの2種類しか地表には届きませんが、これら2種類の紫外線は眼にも悪影響を及ぼします。UV-Aは眼の水晶体が白く濁って視力が低下する白内障のリスクを高めるとされており、UV-Bは強い痛みや充血を伴う角膜炎を引き起こす原因となります。加えて、眼に紫外線を浴びると脳がメラニンを生成するように促すので、たとえ日焼け止めなどの紫外線対策を行っていても皮膚が黒くなってしまいます。

紫外線透過率が低いサングラスを選ぼう

サングラスは、眼を紫外線から守るのに非常に有効なアイテムですが、サングラスであれば何でも良いというわけではありません。サングラスの紫外線カット効果は、レンズの色が濃いほど高いと思われがちですが、実はレンズの色と紫外線カット効果には関係がなく、紫外線透過率という数値に左右されます。

紫外線透過率とは、レンズがどれだけ紫外線を通すのかを表す数値で、低い値ほど紫外線から眼を守れることを意味します。そのため、サングラスはできるだけ紫外線透過率が低いものを選ぶべきですが、特に色が濃いレンズの場合、瞳孔が開いて眼に紫外線が入りやすくなるので注意が必要です。また、製品によっては紫外線カット率と表記されている場合もありますが、この場合は値が高いものを選ぶようにしましょう。

UVカット機能のあるサングラスは、紫外線が強い季節に目の健康を守るための必須アイテムです。レンズの色が濃くてもUVカット機能がないものもあるので、選ぶときはその点に注意する必要があります。