vapeを使うメリットってなに!?メリットとデメリットの双方をチェック!


紙巻きタバコには無いメリットがあるvape

タバコの種類としてvapeがあり、それは自動販売機で売られている紙巻たばことはまた違ったメリットとデメリットが存在します。使う時はその双方を知った上で使うことが大切です。まず、vapeのメリットになるのが灰皿や吸う場所に困らないことです。通常の紙巻きタバコはマナーとして、吸い殻をそこら辺に捨てることは出来ませんので、携帯灰皿などを用意する必要があります。しかし、vapeは火を使ってシャグを燃やしませんので吸い殻が出ないため灰皿も不要です。更に、お店によっては紙巻きタバコはNGだけど、vapeならOKとしている所も多いので通常の紙巻きタバコよりも吸えるエリアが広かったりします。そして、タバコ臭が少なくタール汚れがほとんど無いのも魅力です。

vapeを使うことのデメリット

色々とメリットが豊富なvapeですが、デメリットも何個かあります。一つは充電をする時間が必要なことです。紙巻きタバコは吸いたくなったら、箱から取り出して火を付けるだけですが、vapeは事前に本体の充電が必要になります。充電時間はそれほど長くはありませんが、屋外で電池切れの状態のまま放置していた場合、吸いたいときに直ぐに吸えないこともあります。普段から充電しておく癖を付けておけばそれは解消できますが、うっかり充電し忘れをすると困る可能性が出てくるわけです。そして、もう一つのデメリットは本体購入代金が必要ということです。長期的に見れば、vapeは紙巻きタバコを使うよりもお得になったりしますが、数回だけvapeを使う場合は本体購入代金がそれなりにしますので割高になることもあります。

vapeの日本製の商品は存在していません。ただし、日本国内で製造していないというだけで、日本企業が国外の工場に委託して製造しているvapeは存在します。