電子タバコは煙草と成分から違う!?各種成分を比較して分かった驚きの事実


煙草の主要成分と電子タバコの主要成分

電子タバコと煙草の違いには、使い方の違いや、サイズの違いなど色々とありますが、特に注目となってくるのが成分です。まず煙草の煙に含まれる主要成分を上げると、一酸化炭素、ニコチンがあります。煙草の煙に含まれる一酸化炭素の割合は1から3パーセント前後と言われますが、それも人体にとっては悪影響を及ぼす場合があります。また、ニコチンは依存性がある成分です。その他、タバコの煙に含まれる有害物質をまとめてタールと呼んだりします。

一方、電子タバコに使われるリキッドの主要成分は、プロピレングリコールやグリセロールなどです。成分の有害性は色々と議論されていますが、それらの成分が分解されるとホルムアルデヒドといった有害物質になるため一概に安全とは言い切れない部分はあります。

ニコチンやタールを気にするなら電子タバコ

紙巻き煙草は、煙草の葉っぱを細かく刻んだシャグと呼ばれるものを、紙で細長く包んで使うものですが、電子タバコではシャグ自体を使用しないという違いがあります。そして、ニコチンによる依存性が心配だという方や、タールによるヤニ汚れをなくしたいという方にオススメなのが電子タバコです。基本的に日本で販売される電子タバコのリキッドは、法律による規制でニコチンが含まれていませんので、安心して購入することが出来ます。また、煙草の葉っぱを燃焼させて使わない電子タバコはタールも発生しないので、ヤニ汚れで歯が黄ばんでしまったり、周囲が汚れたりすることも無くなります。

ニコチンリキッドはユーザーに飽きさせないようにいろいろなフレーバーが発売されています。酒類や料理の香りも販売されています。