アンティーク家具であなたの部屋が変わる?


アンティーク家具ってどういうもの?

最近、年齢を問わず、アンティーク家具にはまる女性が増えていますよね。それを使って、自分でインテリアの工夫をする女性も出てきています。そもそも、アンティーク家具ってなんでしょうか。実際に百年以上も前に作られたものであったり、そこまで古くなくても趣があるものだったり、はっきりとした線引きはないようです。ただ、つくりが丁寧であったり、重厚感を持ち合わせていたりするのは共通しています。貴重な木材で作られているものもあれば、驚くほど繊細な模様を彫り込まれているものもあります。

アンティーク家具を取り入れてみたら何かが変わる?

インテリア好きの女性の中には、ムダのないスタイリッシュな雰囲気やモダンなテイストを好む人もいるでしょう。ミニマリストの人にとっても、アンティーク家具は興味のない分野かもしれません。しかし根強いファンが多いのも事実です。大量生産されたものと違い、ほとんどが手作りの一品ものなので、部屋に迎え入れた時点で、その部屋はその人だけの特別な空間になるでしょう。その家具を中心に、部屋を変えてみたくなるかもしれません。自分だけのくつろげる部屋作りの起爆剤になる可能性もあります。長年大事に使い込まれているので、メンテナンスをしっかりすれば、それから後もますます味わいを増していくことになるでしょう。家族のように愛着もわいてくるのではないでしょうか。

自分に合ったアンティーク家具を考えてみる

ひと言にアンティークといっても、最近はやりの北欧風や一般的な西洋風、和風などいろいろなテイストがあります。自分の好みにあったアンティーク家具を探してみるのもいいかもしれませんね。自分だけの癒やされる空間を作るのにピッタリの、一生ものに出会えるかもしれません。

アンティーク家具は日頃から乾拭きしておき、数ヶ月おきに耐久性や艶を出すための入念なお手入れをすることが大切です。