近頃のファッション、環境問題が影響してる!?


ファッションでリサイクルというと?

今までファッションに関連したリサイクルといえば、高級ブランドの中古品売買が目立っていました。購入した時点から、将来的に売りに出すことを考えて行動している方も多かったのではないでしょうか。さらに、ブランドやメーカーにこだわらず衣類はできる限り支援物資として使用してもらう為に、寄付している場合もあったかもしれません。自分でデニムなどをリメイクして着ている方もいらっしゃるでしょう。コロナ禍にあって自宅にいる時間が増え、「断捨離」など自身の生活を見直す機会も増えて来ました。この社会状況において、ファッションのリサイクルに新たな動きが登場しています。

新しいファッションのリサイクルの傾向?

以前から、古着を使用したリサイクル素材の製品はありました。ペットボトルや文房具などが馴染みがあるかもしれません。もちろん昔ながらのガラス瓶のリユースも続いています。これらに加えて、販売者が自ら販売した衣類を回収し再商品化するという取り組みも始まりました。購入者が着なくなった衣類を回収し再生ポリエステルにし、再資源化した素材で新しい衣類にする。捨てるだけでは終わらない循環型商品は、最近よく聞く言葉を使えば「サステナブル」なファッションと言えるでしょう。

今後のファッションの方向性は?

前述した循環型商品の他にも、「サステナブルファッション」として様々な試みが行われています。動物保護の為にエコファー・エコレザーを使用したり、生産者の健康を考えてオーガニックのコットンを使用するなどです。ゴミ処理から起こる問題を考慮して、廃棄物を減らす取り組みとして受注生産も行われています。これからは環境負担の少ない衣類・ファッションが主流となって行くことでしょう。

vapeのアメリカ製造品は、高品質で安全なため世界中で使用されています。特にアメリカでは、ファッションの一部として愛用されています。